スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
花の歴男!!
ひさしぶりのブログ更新です。すみません、、^_^;


すっかり、気持ちのいい季節になりました。


秋はあこがれの季節です。

とてもキレイでステキな季節

でも、実感しようとするとすぐに過ぎ去ってしまって、

寂しさが残るような。


自分の季節だなってのは、夏です。

夏好きの私はとことん暑かった夏が名残惜しいです。


ここいろは空調設備が不十分なので、ほぼ外気。

いや、自然の風がよく通るので、その気持ちよさを体で感じてほしいなー、って。

ははは・・・



こどもは夏にのびるっていいますよね(あれ?どっかの予備校の宣伝文句だっけ?笑)


でも、ほんと、息子Mをみていても、ここいろの子供たちを見ていても
たしかに、それは感じます。



5年生のTSは

夏休みに、お父さんと青春18きっぷで、東京から

東海道五十三次の終着点、京都三条大橋と二条城を見て、

お母さんの実家の徳島まで行ってきたそうです。


去年は姫路城だっけ?

春休みは名古屋城だっけ?

大阪城だっけ?


とにかく渋い。


去年の夏には、姫路城を木版画にして、巻物にしたっけね。


今年は、城の模型作りました。

本当は、「音」というテーマだったのですが、

どうしても城が作りたくなって、

何週もかけて作る間、「音」と「城」の結びつけ方を考えながら

結局、「音」については、「出陣する時のホラ貝の音がイメージできる?」

という解釈にして、とにかく「城」を作るという欲求を満たしました。


大人になったら、どんな仕事でも(特にデザインの仕事じゃなくても)、

自分の好きではない思いもよらないテーマ・課題を与えられることが
きっとほとんど。

でも、そのお題に対して、

自分の好きな方向性にもっていく、
自分の持ち味を発揮できる手段を探る、
自分の得意分野で自信を持って答えを出していく、

という作業はとてもとても大事だと心底思うので、


ここいろでは、

自他ともに認められる、自分の好きな表現世界を見つけ出すことももちろんのこと、


テーマに対して、自分の作りたいものを無理矢理にでも結びつけることは、

大事な勉強、練習、訓練だと思っています。



さて、

お城の建築様式には、なんだかいろいろあるそうで、

石垣の造り方にも、いろいろ様式があるそうで、

私にはさっぱり覚えられませんが、

(高校の時の日本史資料集が役立ってます!)


TSは「そんなことも知らないの?」と

いろいろ説明してくれながら(すんません、、^_^;)、

相変わらず図面なしで、定規も使わずに、(←驚くところです)

フリーハンドで作りました。


石垣のところは、厚めのスチレンボードをうまく使いましたが、

それ意外は、全部紙です。

屋根瓦は、段ボールをはがした形状をうまく利用しました。

これは、TSが自分で発見しました。


TS曰く、これは天守閣ではないそうなのですが、


とにかく、すごいねぇ〜〜〜 。。。 の一言です。


 TS_shiro



テーマ「街」

迷わずTSは城下町を描きました。

竹ペンで、墨汁で。


特に私が、このアングルでこの遠近法で描いてと言った訳ではないです。

手前が運河で、奥に城がいいよ。とアドバイスした訳ではないです。


このまま、ふすま絵にでもしたいくらいです。

TS_jyoukamachi



テーマ「水」

水神の龍を描きました。

竹ペンで、墨汁で。


龍は、TSは小さい頃(1年生とか)から上手に描いてたよねー。

ほんと、「驚き」の一言です。

ちなみに、もちろん、何も資料見ずに。


龍! 城! 戦艦! 武将! 馬!


どれもTSは何も見ずに描ける。

私は、どれも描けないよ!未だに!


男子だからか?

男子って、構造的なもの(ガンダムとか、ドラえもんとか、アニメのキャラにしても、)を

うまくマネして描くよねー。


私は昔キャンディキャンディが大好きで、さんざんキャンディ描いたけど、

今思えば決して似てなかった。

忠実に似せて描くことより、自分流に好きに描くことが良かったのかな?


ハチクロの森田先輩が、旅館で、酔っぱらいながら、
醤油で、龍の掛け軸を描いたシーンがあったけど、

それを読んだ時は「ない、ない。」と思ったけど

TS見てると、これは「ある」ね。


背景の中国っぽい山景とか、

いつ、あたまにインプットされたんだろう。

まだ、生まれて10年しか経ってないのに!


10年で、これだけのものをインプットしているのだから、

ここいろで、たくさんアウトプットしてね。

そして、どんどんどんどん、スゴいことを新しくインプットしてね!

TS_ryuu


で、

更にスゴいのは、TSの母。

この龍の絵を見せたら、

「また〜〜〜、、相変わらずちまちましてー。

 もっとさー、バーーーンッ!!と勢いのある絵、描けないのーー!?」

と一刀両断。。。



TSと私、顔を見合わせ「・・・・・」



少年よ、大志を抱け!!






カテゴリ:テーマ012「音」 | 10:53 | - | - | -
さっつんの「音」
さっつんのテーマ「音」。

もともと落書きのように、スケッチブックに描き始めた絵でした。
幾何学模様が連続し、とても大人っぽい絵で驚きました。

他の子の参考になるから、ということで、この絵完成させてね、と言っていたものの、
しばらく未完成のまま、保管されていました。

そのうちに、次のテーマは「音」ということになり、
「音」といっても、特に楽器を作るということではなく、
トントン・・・キンキン・・・リンリン・・・ガチャガチャ・・・と
音をイメージした形を描いてもいいんだよ。と話していたら、
この絵がぴったりだ!!と気付き、テーマ「音」として完成させてもらいました。

特別講師のC先生も大絶賛だったね ^o^ 。

さつ_音
カテゴリ:テーマ012「音」 | 22:16 | - | - | -
| 1/1PAGES |

スポンサードリンク
その他